◆学術論文

  1. Morinaga, Y., Sakamoto, Y., & Nakashima, K. (in press). Gender, attitudes toward war, and masculinities in Japan. Psychological Reports.
  2. Nakazato, N., Nakashima, K., & Morinaga, Y. (2017). The importance of freedom in the East and the West over time: A meta-analytic study of predictors of well-being. Social Indicators Research, 130: 371. doi:10.1007/s11205-015-1180-6.
  3. 古川善也・中島健一郎・森永康子 (2016). 罪悪感が被害者への補償行動に及ぼす影響: 三者関係における資源分配パラダイムによる検討,社会心理学研究,第32巻1号,52-59.
  4. Furukawa, Y., Nakashima, K., & Morinaga, Y. (2016). Influence of social context on the relationship between guilt and prosocial behaviour. Asian Journal of Social Psychology, Vol.19(1),49-54.
  5. 清水陽香・中島健一郎・森永康子 (2016). 対人的文脈における防衛的悲観主義の役割: 初対面の複数の他者への行動意図に着目して,パーソナリティ研究,第24巻3号,202-214.
  6. Nakashima, K., & Yanagisawa, K. (2015). Subjective socioeconomic status and departmental identity interact to reduce depressive tendencies and negative affective responding for female undergraduates. Japanese Psychological Research, vol.57(2),113-125.
  7. 中島健一郎(2014)被排斥者への共感による心理的痛みの伝染についての実験的検討,発達研究,第28巻,117-129.
  8. 中島健一郎・中嶋一恵・甲斐晶子・浦川末子・白石景一・下釜綾子・永野司・中村浩美・滝川由香里・本村弥寿子(2014)保育者養成校における学内と学外の学びの連続性についての探索的検討,長崎女子短期大学紀要,第38巻,94-101.
  9. 中嶋一恵・浦川末子・白石景一・下釜綾子・永野司・中村浩美・中島健一郎・滝川由香里・本村弥寿子(2014)ルーブリックを使用した学外実習評価基準の作成について,長崎女子短期大学紀要,第38巻,102-107.
  10. Nakashima, K., Isobe, C., & Ura, M.(2013)How does higher in-group social value lead to positive mental health? An integrated model of in-group identification and support. Asian Journal of Social Psychology, Vol.16(4),271-278.
  11. 中島健一郎・礒部智加衣・相馬敏彦・浦光博(2013)集団アイデンティティの変動過程における集団タイプの調整効果,心理学研究,第84巻2号,162-168.
  12. 中島健一郎(2013)被排斥者への共感による心理的痛みの伝染(中間報告),発達研究,第27巻,189-194.
  13. 寺田未来・浦光博・中島健一郎(2013)子どもの自己調整学習の支援方法についての考察:学習動機と学業成績が自己調整力に及ぼす影響,長崎女子短期大学紀要,第37巻,100-107.
  14. Nakashima, K., Kawamoto, T., Isobe, C., & Ura, M.(2013)Differential Responses of Independent and Interdependent People to Social Exclusion,International Journal of Psychological Studies,Vol.5(1),31-44.
  15. Nakashima, K., Yanagisawa, K., & Ura, M.(2013)Dissimilar effects of task-relevant and interpersonal threat on independent-interdependent self-construal in individuals with high self-esteem,Asian Journal of Social Psychology, Vol.16(1),50-59.
  16. Kawamoto, T., Onoda, K., Nakashima, K., Nittono, H., Yamaguchi, S., & Ura, M.(2012)Is dorsal anterior cingulate cortex activation in response to social exclusion due to expectancy violation? An fMRI study,Frontiers in Evolutionary Neuroscience,Vol.4(11),1-10.
  17. 中島健一郎・中嶋一恵・甲斐晶子・永野司・白石景一・下釜綾子・中村浩美(2012)教育評価システムとその活用に関する研究:学生指導の事例から,長崎女子短期大学紀要,第36巻,45-52.
  18. Nakashima, K., Isobe, C., & Ura, M.(2012)Ingroup representation and social value affect the use of ingroup identification for maintaining and enhancing self-evaluation,Asian Journal of Social Psychology, Vol.15(1),49-59.
  19. Nakashima, K.(2011)A multi-level approach to change in in-group identification : Comparative change of meaningfulness of social categories,広島大学総合科学研究科紀要人間科学研究,第5巻,91-95.
  20. 中島健一郎(2011)チューターによる教育相談のあり方について,長崎女子短期大学紀要,第35巻,60-66.
  21. 中島健一郎・浦光博・甲斐晶子(2010)子どもの発達過程における集団への所属意識の機能に関する一考察:所属クラスへの同一視の違いが社会的排斥に伴うクラスメイトとの心理的紐帯の維持・強化に及ぼす影響,長崎女子短期大学紀要,第34巻,94-98.
  22. Onoda, K., Okamoto, Y., Nakashima, K., Nittono, H., Yoshimura, S., Yamaguchi, S.,  Yamawaki, N., & Ura, M.(2010)Does low self-esteem enhance social pain? : The relationship between trait self-esteem and anterior cingulate cortex activation induced by ostracism,Social Affective and Cognitive Neuroscience,Vol.5(4),385-391.
  23. 中島健一郎部智加衣・長谷川孝治・浦光博(2010)文化的自己観とストレスフルイベントの経験頻度が個人の集団表象に及ぼす影響,実験社会心理学研究,第49巻2号,122-131.
  24. Onoda, K., Okamoto, Y., Nakashima, K., Nittono, H., Ura, M., & Yamawaki, N.  (2009)Decreased ventral anterior cingulated cortex activity is associated with reduced social pain during emotional support,Social Neuroscience, Vol.4(5),443-454.
  25. Nakashima, K., Isobe, C., & Ura, M.(2008)Effect of self-construal and threat to self-esteem on in-group favoritism : The moderating effect of independent / interdependent self-construal on use of in-group favoritism for maintaining and enhancing self-evaluation,Asian Journal of Social Psychology,Vol.11(4),286-292.

 

◆著書

  1. Nakashima, K.(2014)Chapter14 Who uses ingroup identification and favoritism for buffering threats to self-esteem, and when do they use it? In J. H. Borders (Ed.), Handbook on the Psychology of Self-Esteem (pp. 251-276), New York: NOVA Science Publishers.
  2. Nakashima, K& Lee, S.(in press)Benefits and pitfalls of high economic status based on three findings in Japanese samples, Socioeconomic status: Influences, disparities and current issues, New York: NOVA Science Publishers.
  3. Tasaki, Y., Nakashima, K.(double-first) & Ura, M.(in press)Who seeks relationships with Dark Triad individuals and how? Focusing on socioeconomic status and trait self-control, Socioeconomic status: Influences, disparities and current issues, New York: NOVA Science Publishers.
  4. 中島健一郎 (2017). episode 1:たった1つの言葉で印象が変わる/episode 43:体育祭マジック,谷口淳一・相馬敏彦・金政祐司・西村太志 (編著). エピソードでわかる社会心理学-恋愛関係・友人関係から学ぶ- 北樹出版

◆研究費等

  • 2017-2018年度 日本学術振興会科学研究費(新学術研究領域公募研究)
     研究題目:あきらめない心を育む-意志力創成のための介入プログラムの提案と検証-
  • 2015-2017年度 マツダ研究助成(青少年健全育成部門)受賞者
     研究題目:「子どもの最貧国日本」におけるShift-Persist Strategyの有効性についての検証
  • 2013-2015年度 日本学術振興会科学研究費(若手研究(B))
     研究課題:被排斥者への共感プロセスにおける心理的痛みの伝染と制御
  • 2012年度 発達科学研究教育奨励賞(公益財団法人 発達科学研究教育センター)
     研究課題:被排斥者への共感プロセスにおけるexperience sharing とmentalizingの機能的差異の解明
  • 2012年度 長崎女子短期大学奨励研究費(長崎女子短期大学)
  • 2010-2011年度 日本学術振興会科学研究費(研究活動スタート支援)
     研究課題:所属集団の心理社会的資源としての機能についての多角的検討
  • 2009年度 広島大学国際会議等発表支援事業支援対象者
  • 2007年度 平成18年度特に優れた業績による大学院第一種奨学生返還免除対象者(独立行政法人日本学生支援機構)
  • 2006年度 広島大学エクセレント・スチューデント・スカラーシップ(国立大学法人広島大学)
  • 2006年度 大学院生海外学会発表支援制度対象者(日本社会心理学会)

◆Contact

〒739-8524

東広島市鏡山一丁目1番1号

 

広島大学大学院教育学研究科心理学講座

広島大学大学院教育学研究科心理学講座社会心理学研究室

 

kennakashi〇hiroshima-u.ac.jp

(メールをする際は〇を@に

 かえてください)

 

082-424-6772(研究室)

 

Fax
082-424-3481(講座共通)

 

http://kennakashi.jimdo.com/